千客万来の事業者|独自のサービスで楽しませてくれるMVNO

サービスの特徴や注意点

ウーマン

加入権の特徴

固定電話を利用したい場合は電話加入権を手に入れる必要があります。固定電話は通常の携帯電話よりも格段に安い通話料で通話が出来るというのが魅力で、企業などでも通信料金を抑えるという目的で利用されています。料金的には施設設置負担金というものが必要で、その金額は数万円ほどするのが特徴です。また、最近ではその電話加入権が譲渡することが出来る為、譲渡によって安い金額で手に入れるという方法も出ています。新しく手に入れる方法だと数万円ほどお金がかかりますので、安くその権利を手に入れたいという方は譲渡を利用するのも一つの方法です。加えて、その加入権は利用休止期間というものがあります、休止工事日から10年間何も申し出がないと加入権が解約されてしまうケースもありますので注意が必要です。

その他の注意事項

ちなみに、ADSLによってインターネットを利用する場合は、その電話加入権が必要なタイプがあります。最近は電話加入権が不要で使うことが出来る通信会社も増えていますが、必要なところはその電話加入権がないと出来なかったりしますので、その場合には何らかの方法で手に入れなければなりません。また、新しく電話加入権を手に入れたいという方は、業者が行っているキャンペーンを利用して契約をすることも大切です。普通に購入すると先ほどのように数万円ほど施設負担金が発生しますが、中には新規申し込みだと無料もしくは低価格で済んだりします。通常は三万円ほどお金がかかりますので、使うときには加入権が安くなるキャンペーンなどを使ったほうがお得です。