千客万来の事業者|独自のサービスで楽しませてくれるMVNO

電話とその敷設

女性

電話加入権は電話を敷設する権利であり、以前では多くの家庭などで所有する権利となっていた。以前は、多くの家庭などで固定電話を設置していることが一般的であったため、固定電話を設置するために電話加入権を購入し設置していたのだ。しかし、携帯電話が主流の現在においては、電話加入権を購入するケースも減っている。この電話加入権については、近年では仲介業者からの購入が多くなっており、メディアなどで話題になることが多い。また、電話会社から電話加入権を購入する場合、通常は定価購入である。しかし、仲介業者からの購入では、定価より値段を下げた価格での購入ができるのだ。そのため、安く電話加入権を購入したい場合にはこれらの業者活用が有効だとされている。

電話加入権の購入においては、慎重になるべき点もある。固定電話を設置する場合、以前では電話加入権の購入が必要であった。しかし、近年では電話加入権を購入しなくても固定電話を敷設できるようだ。2002年ごろより、基本料に上乗せした金額を毎月支払うことで、電話加入権なしでも電話を敷設できるのだ。そのため、固定電話を引く場合には必ず必要というものでない点に用心する必要がある。但し、長期間利用する場合には購入した方が料金面で得になるケースもあるため、利用期間と合わせて検討していくといいだろう。また、この権利については10年間の停止で権利が消失してしまうため、権利失効の確認も大切になる。