千客万来の事業者|独自のサービスで楽しませてくれるMVNO

サービスの特徴や注意点

ウーマン

固定電話を利用したい場合は電話加入権が必要となり、その電話加入権は施設負担金として数万円程度お金がかかってくるのが特徴となっています。そして、注意事項としてはADSLなどのインターネット通信回線の中には、その電話加入権が必要な場合もあるという事です。

もっと見る

固定電話を繋げるために

電話

家の電話に必要なもの

今や日本のほとんどの人が携帯電話を持っていて、固定電話は家でインターネットを繋げるためにあるという家が大多数を占めていると思われます。現在はインターネットプロバイダや回線業者が用意するオプションで、固定電話を持つ家庭も多くなっているので、固定電話を持つには、電話加入権が必要になるということを、知っている人は少なくなっているかもしれません。かつては電話加入権を数万円で購入する必要がありました。使わなくなったら他の家に電話加入権を転売したり移すことも可能です。現在でも電話加入権を購入することが出来、37000円という値段になっています。引越により転居する場合は、電話加入権を新居に移すことも出来ます。そういう場合は無線通信回線設備などが必要とされますが、MVNOでは自社でサービス展開を行っています。MVNOは仮想移動体通信と言われており、今後より注目されていくでしょう。

加入権の譲渡や転売

昔はインターネットを開通するのにも、ダイヤルアップからISDN、ADSLや光回線に変更するのにも結構面倒な手続きが必要でした。今は新しめのマンションでは既にプロバイダが設定されていて、面倒な工事など無くインターネットに繋げる環境が整っています。しかし、古いアパートや団地などでは自分で電話やインターネットを繋げる作業をする必要が出てきます。高齢者を中心に、インターネットはつながなくても固定電話は必要という人は一定数いるので、その場合は加入権を取得して自宅に固定電話を開通する必要があります。もし、回りに引越で加入権が必要無くなった人が居るなら、手数料を払って加入権を譲渡してもらうことも可能です。

固定電話をお得に引こう

オフィス

電話加入権は、中古販売を利用しての購入が人気になっています。価格が割安で、ネットで時間や場所を選ばず購入できるからです。購入する場合は、前契約者に未納料金があると支払い義務を引き継がなければならなくなるため、必ず未納がないことを確認しましょう。

もっと見る

電話とその敷設

女性

電話加入権は固定電話を敷設するために必要な権利であり、電話会社からの購入の他、仲介業者から購入することもできる。電話加入権では、購入しなくても固定電話を敷設できるサービスもあるため、利用形態により検討が必要になる。

もっと見る